続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

2歳双子、お風呂の入れ方の変化!と溺れる事故で夜泣きした話

: 双子2歳 16

2歳双子お風呂入れ方どうもこんばんわ。いっときに比べてお風呂で余裕が出てきた母ことpikaです!双子もしっかりしてきて、湯船の中でも比較的安心して遊ばせることができるようになりました。

以前から少しお風呂記事など書いていますが、順番などすごーくマイナーチェンジしたので今日はそのお話など。

上記以外のお風呂記事はこちら⇒タグ:「お風呂」のついた記事一覧。

湯ぶねでの安定感アップと風呂場からの脱走

双子を同時に入れ始めた「たっち」したての頃と比べ、お風呂場での安定感の増した双子。(比較は下記事)

水に濡れたタイルでは滑って転ぶこともありますが、転んでも平然と立ちあがり、歩きまわったり踊ったり自由自在。

以前のように転ぶたび泣いてあやして…ということもなくなりました。

そのかわり、「ドアを開ける」ことを覚え、油断していると風呂場から脱走するように…。

ドアの開け閉めはおそらくこの辺から出来たと思われます。(※風呂場のドアを開けるようになったのは最近)

それまでは、(1)双子洗う、(2)自分洗う、(3)全員で湯ぶねにつかる、とやっていたところ、「脱走対策」で双子を洗ったらすぐにふたりとも湯船に入れるように。

最近は中で転んで溺れることもめったになくなったため、自分のことはふたりを湯船に「確保」してからゆっくり(でも監視はしつつ)やれるようになりました。

喧嘩は勃発しやすい(髪を引っ張ったり・ど突いたり)ので、何かあったらすぐ仲裁できるよう心構えだけはしています。

出る時も一人ずつ迎えに来てもらっていたのが、ある程度拭いたら自分で歩いて行ってもらえるように。楽になりました。

逃げ回るようになりコンタミ発生…

どうでもいいと言えばいいのですが(笑)ふたりが動き回るようになり、洗った子と洗ってない子を間違えるようになりました^^;;

以前までは浴槽につかまり立ちさせ、横並びに順番に洗っていたのでわかりやすかったのですが。

そんな訳で最近は、ボディーソープで作った「泡の桶」で気を引いているうちに二人とも洗い終えます。たまにそのまま手を目にやって、大惨事に…(汗)

ツイッターのほうで、「洗い終えた子から湯ぶねに投入!」というリプライを頂き。なるほどね!と思ったのでシェア(笑)

覗きこんで落ちてしまうのが恐いため、ふたりを洗い終えるまではフタをしたままなのだけど、もうそろそろ解放でもいいのかな~。落ちたら間髪いれず救えばいいし…(?)

ショック!湯ぶねで溺れる事件

などと言いつつ実はすでに溺れる事件は発生してしまいました…TT

双子お風呂事故

実家のお風呂だったのですが、お風呂場のフタを留める留め具(名前がわからない)がマグネット仕様になっていることを知らず。

知らずうち徐々に位置がずれていたようで、きちんと留められていなかったことに気づけず。上から落下したフタ(×2)により双子沈没。頭のうえから板降ってきたらこわいよね…ごめんね…(涙)

慌ててフタをどけ、外にいた家族に呼びかけつつ二人を順番に引き揚げ。(咄嗟にどちらから助けて良いか一瞬迷った…)

時間にして数秒のことで、水を飲んでむせた様子もありませんでしたが、完全に沈んでプカプカするわが子の姿、忘れられない…。

ふたりとしても衝撃的なこの事件は忘れられなかったらしく、この日を境に3日ほど夜泣きがありました。ほんとゴメン…。

湯ぶねも、慎重派のあっくんには2日ほど拒否されました。スイマーバ事件を思い出す展開に…。

まとめ

安定してきた双子の変化とお風呂のお話でした。

お風呂フタの落下おそろしい!(というかこんなことするのわたしだけかも…)

これからもふたりが湯ぶねにいる時は、「溺れた!!」と思ったら即座に助けられる位置にいようと思います。

とはいえ、2歳ちかくなるとお風呂もだいぶ安心感がでますよ~~ということが言いたかった!

完全に矛盾した記事でスミマセン。お読みいただきありがとうございました!

  • 育児絵日記 ブログランキングへ
  • にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

双子2歳 の記事でした。