続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

アウトドアワゴン(コールマン)が双子旅行に便利!ご紹介と使用感レビュー

: レビュー 14

outdoor-wagon-00-2

今回、義実家への帰省のために購入したコールマンのアウトドアワゴンがかなり良い働きをしてくれたので、ご紹介もかねて使用感などレビューしたいと思います。

ワゴン購入のきっかけなど

双子との移動、とにかく荷物が多くなりがちです。

これでも卒乳し哺乳瓶など減った分随分減りましたが、オムツやオモチャ、離乳食、予備の着替えなど含めるとかなりの量に…(後程写真で出てきます)

これまで一泊以上のお出掛けでは、夫が駐車場と玄関の間を普通の台車を使い何往復もしていました。マンションなのでわりと距離もあり。

乳児期はほぼ引きこもりでそんなに頻度もありませんでしたが、一歳を向かえ少しずつお出掛けをするように。

そこでふと、以前職場の先輩が引っ越しの移動にワゴンを使っていたことを思い出し、Instagramなどで探してみると子供を載せている写真も。

よし、買おう。となり導入に至りました。

どのワゴンにする?

ワゴンをAmazonで探してみると値段は8000円台くらいからあるみたいです。形はどれも似たような感じ。

キャリーカート「ワゴン」検索結果[Amazon]

搭載容量が大きいのはコールマン。赤に惹かれ、またメーカーに安心感もありこちらのアウトドアワゴンを選びました。

柄物にも惹かれたものの夫が「俺引くの恥ずかしい」と。値も張るので諦めました。

今回ほぼ色と搭載kgで決めました。

届いた!外観と折り畳み法などご紹介

結局配送日の関係で楽天で購入することに(直前だったのです…)。あす楽で翌日届きました。ネット社会恐るべし。

開封!外観など写真で紹介

outdoor-wagon-02ちなみにこんな箱で届きます。商品箱に直接プチプチ梱包。コンパクトですね。

outdoor-wagon-03外すとこんな。意外にコンパクトです。せっかくなので外で開封します。

outdoor-wagon-04これが箱から出た状態。説明書等特になく(笑) なんとなく広げてみます。

outdoor-wagon-07初めの感想は、意外に大きい!でした。お子さん二人乗せていっぱいいっぱいになっている写真をInstaで見かけていたので、もっと小さいと想像していましたが実際は大きかった。そして赤可愛い。これなら三つ子も乗りそう。

せっかくなので折り畳み方法など

箱はすぐ捨ててしまったので説明があったかわからないのですが中身は本体のみでした。折り畳みは簡単です。

まず下2ヶ所のマジックテープを外してカバーを取り去ります。

outdoor-wagon-05カバーを外すとこんな。買ったばかりなので保護材が着いてます(笑)

ここから真ん中のマジックテープを外します。

outdoor-wagon-06本体を少し広げてあげて、真ん中の床の部分を押して完全に広げます。

写真ないのですがカバーのポケットに底板が四つ折りに畳まれ入っているので、これを広げてあげて床部分に敷いて完成です。1分もかかりません。

畳む際は逆順でやるだけ。床部分に取っ手がついており、これを引くと簡単に畳めます。

タイヤをロックしてあげれば畳んだ状態でコロコロ引っ張って運べ便利。持ち上げるとき、10kgあるので本体は重いです。

今回の使用シーンなど

今回の帰省で初めて使用しました。

使用場面としては、駐車場から宿泊先までと義実家宅玄関まで。いずれも歩道ひと区画分の移動とエレベーター移動を含みます。

途中簡単な段差とスロープあり。スロープなしの階段はありません。

outdoor-wagon-09-2宿の駐車場にて。荷物5個(ボストンバッグ1、トートバッグ2、カメラバッグ1、IKEAの大きめ手提げ袋1)と双子が乗っています。

outdoor-wagon-10-2横から見るとこんな。横幅は一人用ベビーカー程ですが、縦の幅はご覧のとおりなかなかあります。

outdoor-wagon-08-2エレベーターにて。縦幅は充分入りました。余裕としては小さめエレベーターで縦横人ひとりぶん余るくらい。乗りあわせは出来ますがほぼ占拠状態に。横幅はそうでもないのですが縦に場所を取ります。

双子を乗せましたの図

outdoor-wagon-13-2エレベーター待ちの双子。喋らない1歳児のため乗り心地は不明…

慣れない乗り物に二人とも借りてきた猫状態。ちなみに中はどうなっているかと言うと。

outdoor-wagon-14-2上からみた図。かなり折り畳まれてます…。あぐらをかかせて少し重なっている状態。

1歳3ヶ月、73cm 9kgの双子です。もう少し大きくなると横一列に二人は無理かも。

outdoor-wagon-17-2横幅は一人用ベビーカー程なので、車いすが通れる場所であればどこでも通れると思います。

帰りは少し慣れたのか、きょろきょろ辺りを見渡す双子。

outdoor-wagon-16-2止まるとこんな。降りたがってます。狭いよね…

outdoor-wagon-18-2深さは子の腰くらい。つかまり立ちすると落ちそうで危ない高さ。座ると首の後ろくらいで景色も見えちょうど良い具合に。

走行中は念のため後ろで見張ってましたが動いているととても大人しく危ない場面はありませんでした。

outdoor-wagon-22-2街中での使用イメージ。

outdoor-wagon-20-2やっぱり中は重なってます。

使用感や気になったことなど

第一印象

サイズなど細かく図らず買ったのもあり、第一印象はデカっ!広っ!赤っ!でした。

10kgということでわが家のツインベビーカーと同じくらいあり確かに持ち上げると重い。畳んだまま転がして運べるところはグッド。

赤、可愛い。

広さ

outdoor-wagon-01-2広さはタタミ一畳分弱あり大人も座れるくらいの大きさ。

outdoor-wagon-19-2今回乗せた荷物はこちらで、これにプラス双子を乗せてます(スーツケース以外)。充分な広さです。

操作性

タイヤがわりと大きくて丈夫なこともあり荷物と双子をパンパンに乗せてもスムーズに動きさすが。公式では100kgまで乗るそうで。

引いた感じは荷物の重みの分さすがに重いです。逆にこれだけ積めてスムーズに動くの凄いという感想。

縦に長いぶん、トラックのように内輪差が生まれるので注意して曲がらないと内側後輪が通路のコーナーにひっかかります。少し先頭を外側に振るように曲がると良いようです。

段差などの操作性

タイヤはわりと大きいのですが荷物が重いせいもあってか、段差を登るときは介助が必要でした。

降りるぶんにはそのまま引っ張りドスンで良いのですが、登り段差は引っ掛かります。引くだけでは上がってこないので後輪を持ち上げ登りました。

段差の多い場所で使うのは少し厳しいです。なにせ本体がわりと重いので持ち上げると結構な重みに…

デザイン

好みの問題かもしれませんが、とにかく赤がはっきりして可愛い!引き手の部分も赤。ハンドルは黒です。

ただしベビーカーではないので台車感はあります。

ブロ友さんのお宅で使われている屋根つきのタイプはその点、乗り物ぽくて良い!

屋根だけでこのお値段…ゴクリ。

街中での利用は?

今回使ってみて感じましたが大きさ故か双子が乗っているためかけっこう目立ちます。

キャンプ場やフェス会場(行ったことない)ならいざ知らず、普通に街中で引いていたらわりと目は集めそうです…短時間だったので何とも。

前述の段差問題などもあり電車の利用は厳しいと思います。けっこう場所を取ります。

利便性

今まで何往復もかかって運んでいた荷物プラス横型ベビーカーで運んでいた双子が、いっぺんに移動できる。感動!

それに台車のように荷物を支えながら動いたり、倒れて落ちる心配をしなくて済むのがありがたい。

outdoor-wagon-11-2移動先でも軽く畳んでおけば場所を取りません。なんて素晴らしいんだ…もっと早くに買えば良かった。

宿の人にも感心されました(笑) これから成長につれ荷物も減るとは思いますが、今後も荷物を伴う移動では活躍してくれそう。自宅・実家間の引っ越しレベルの荷物移動の際に即戦力となってくれそうです。

お散歩車として使えるのか?

試してみましたが、まず幌(屋根)がないので日差しの強い日は直射日光が降り注ぐ形に…。日差しの弱くなった午後に再トライしてみましたが、やはり段差でつまづきあり。

小さい段差なら強く引っ張ることで登れますがベビーカーのようにシートベルトで固定されている訳ではないので無理な振動は揺れたり転んだり(中で)に繋がります。

大きい段差は後輪を持ちあげて乗り越えないといけないため、お散歩車としてはある程度平らな所を行き来する利用に限られるかなと思いました。

また付属の底板は硬いため乗り心地を良くするには布団やクッションなど必要かも。

総括

outdoor-wagon-21-2まとめです。

  • コールマンアウトドアワゴンは意外と大きい。赤が可愛い。
  • 大量荷物と双子をいっぺんに運べて便利!
  • 大きさと重さ、段差制限ゆえ使用シーンは車に限られる。エレベーターは乗る。
  • 台車より便利。物が落ちない。
  • お散歩車として使えるかどうかは環境次第(段差ありNG)

以上です!ご質問などありましたらコメント欄かSNSへお気軽に^^

また思いついたこと(あれば)と合わせ、こちらにも追記させていただきたいと思います。雑文お付き合い頂きありがとうございました。それでは。

  • 育児絵日記 ブログランキングへ
  • にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

レビュー の記事でした。