続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

おしたく、着替えに見る双子の違い

: 双子6歳半


こんばんは、pikaです。

たびたびテーマにしている、双子の違いシリーズ。

さいきん見ていて感じたのが、おしたくにまつわる違い。

園へお迎えに行くと、自分たちで制服を着て、冬なのでジャンパーも着て、マスクや帽子をつけ、リュックを背負って出てくるのですが、

したくの様子も、その仕上がりも、ふたりは全く違います。

襟がまくれても、内側に巻き込んでいても、気にとめずガバッと支度を終えてニコニコと寄ってくるあっくん。

ボタン1つ1つていねいに、マイペースで支度を終え、ゆっくり歩いてくるゆうくん。

もともとが一つの卵だったなんて思えないくらい、あいかわらず個性に富んでいる一卵性双子たち(笑)

どっちがいいとかいう話ではないのですが、あいかわらず見ていて飽きません。

おしたくの完成度は、服をきちんと着るコツを知っているかどうか、のちがいだけだと思うのです。襟を直したりとか、ボタンのズレを直したりだとか、そういうポイント的なコツ。

それに自分で気づいたゆうくんは、几帳面な性格がでているな〜、と思ったり。

細かいことは気にしないあっくんは、服のヨレやズレも気にならないんだろうな〜、と思ったり。

そう言えば先日つくった おしたくボードも、ゆうくんはきちんと並べてひっくり返したりするものの、あっくんは、ほとんどノータッチ^^; 性格がでています(笑)

遺伝子が同じ双子でも、完全に別の個性。生まれや育ちがおなじなでも、個性だけは生まれもった性質なんですね。おもしろい。

お着替え、おしたくのコツは、まずは本人の気づきを促してみようと思います。

あっくんの豪快なところも、母は好き(笑)

みんな違って、みんないい。

おしたく、着替えにみる双子の違いでした〜。

このタグひさしぶり(笑) ではでは。

双子6歳半 の記事でした。(⇒全記事一覧