続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

双子1歳半、自宅散髪デビューの思い出

: 双子1歳半 12

双子乳児の散髪デビュー漫画1 散髪デビュー2 散髪デビュー3 散髪デビュー4

先週末バリカンデビューをはたしました!!

使用したのはこちらのバリカン。(カットモード ER-GF80 )

参考:カットモード ER-GF80 | 家庭用散髪器具 | Panasonic

Amazonでもバリカンと入れるとだいたいこれがてできます。いろいろアタッチメントがついて便利そう。ということでパパが楽天セールで購入しました。

正直バリカンを持つのは初めてですが動画や冊子での解説あり、なんとなくできそうな気持ちにさせてくれます(笑)

せっかくなのでそのときの様子などすこし。

これまでの散髪方法

一歳になりたてで床屋デビューしスポーツ刈りになった双子のお二人(床屋デビューして胎毛筆を作ってきた話)。

以来人見知りもひどく、散髪代ももったいないので、もっぱら自宅でわたしがチョイ切りしていました。

主にお風呂場で、普通のハサミやのちにスキバサミなど導入し耳周り・前髪・襟足など長さの気になるところだけそのつどカット。

こういう削ぎ切るタイプのクシとカミソリが合体したグッズも検討したのですが、なにぶん剛毛・多毛のためうまく扱える自信がなく。

当然カットされない頭頂部付近からモサモサとボリュームの増す日々…。毛先以外はバランスよく切る自信がなく。それではということでバリカン導入に至りました。

散髪回りの準備など

ほんとは髪の毛をキャッチするこういうエプロンが売っているのですがとくに用意しておらず…。(写真は大人用ですが、子供用のものも西松屋などで見かけました)

せめてなにか、ということでお食事エプロンをつけてヘアカット(笑)

外やお風呂場で出来れば後始末が楽そうですが、大人しく座っていてほしかったので新聞紙をしいたハイチェアの上で散髪しました。

案の定髪の毛まみれになったため、切ったあとはお風呂へ直行。

後片づけはパパがやってくれたのですが、それはもう大変だったそうで…。このあたりは今後の検討課題です。

いざ散髪!

ハイチェアに二人並んで座らせ、目の前にはiPadで東京ハイジのアニメを流しつついざスタート!

そのまえに、バリカンは充電をして油をさしておきます。

アタッチメントで主に使用したのは3種類ほど。先に嵌め込むだけなので付け替えは簡単。

7cmなど長めのスライドアタッチメントは結局いまの二人の髪の毛には長すぎたらしく、主には2-4cmタイプの方を使用しました。

二人の様子は

バリカンの音自体はそんなに大きくないとおもいますが見た目にまず怯えてました^^; ←カギヅメのようなアタッチメントに

いつもは動画を流すと食い入るように見ていますが、今回ばかりはバリカンが気になって仕方がないようで。始終後ろを向いたり頭を振ったりしていました。

ひどく暴れたり泣いたりということはありませんでしたが、なにぶん動くのでやりづらかったです。

『カットモード』使用感など

わたしにとっては初めてのバリカン。他の物と比べることは出来ませんが、初めてでも使いやすかったです。(対象物が動くのでやりづらかったですが…)

自分の手や子供の耳・頭など切ってしまわないか恐れていましたが、心配するようなことはなく。

軽く当てるだけでスッと切れ、アタッチメントのおかげで手や頭などが切れてしまうということもないので多少動かれても大丈夫でした。

なんとなく動物のトリマーさんになった気持ち。

実際のできあがりは

比較的髪質のやわらかく髪量も普通のゆうくんは、仕上げの終わった段階でまあまあな感じの出来に。(わたしがやりました・笑)

パパが隣で「あれ?あれ?」と言っているのでふとあっくんのほうへ目をやると、不思議な段差状(短冊?)になっている前髪の男児が…テトリス?!

えりあし前髪などは先にある程度カットをしてから「スキ刈りアタッチメント」で毛先をすくのですが、どうもあっくんの毛量が多くいくらやってもうまくすけないと。

確かに毛挟まってるな…ということで最終的にスキバサミでカットし事なきを得ました。かな~~り短めの前髪にはなってしまいましたが(笑)

ハサミだけではトップの部分などうまく丸い形のボリュームに切れなかったとおもうので、バリカンさまさまでした。

本日のまとめ

また長い記事になってしまいすみません。まとめとしては、

バリカン=早い・簡単・確実

仕上げ用にスキバサミもあるとより安心かなとおもいました。

今気づいたけど二人分のカット代でバリカン買えるかも。元取れた(笑)

  • 育児絵日記 ブログランキングへ
  • にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

双子1歳半 の記事でした。