続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

6歳双子と赤ペン先生

: 双子6歳

こんばんはpikaです。

こどもちゃれんじの話。ときどきやってくる小テスト的なワークを封書に入れて送ると、赤ペン先生から直筆のコメントが書かれて返ってくるシステムになってます。

毎月ある訳ではなくて、年に数回。ちゃんと戻ってきたお返事を保管する簡易ケースもあり、ふたりともお返事をとても楽しみにしています^^

この赤ペン先生、ふたりは同時に出すことが多いので、タイミング的にも同じ人が書かれているのかもしれませんが……

とにかく字の安定感が半端ない。

端麗で、まるでお手本そのものといった感じの書体…!

文字ごとの大きさのばらつきもなく、毎回とても丁寧に書かれているので感心します。

あれかな、ペン子ちゃんとか習うと、こういう字が書けるようになるのかな…???

双子なのでわかってしまうのですが、実はこの直筆のお返事、毎回見本の文章が存在するようです。

クオリティのばらつきのなさという意味で、もはや完璧…!

手書きでここまで安定して書けるってすごい。美文字の書き方を教えてほしい…><

話がそれました(笑) 小学生のちゃれんじでは、こちらの回答に合わせたお返事が来ていたような記憶もあるのですが(カニ等のキャライラストつきで)、こどもちゃれんじはまだその域にないということなのかな~?

という訳で、毎度おなじコメントな訳ですが、ふたりは今のところ気にする様子もなく、手書きのお返事にとても喜んでいます。

わが子の回答、すきなもののなまえは、

あっくん→ くりすます、 ゆうくん→あいすくりーむ

おなじ数の文字のことばは、

あっくん→ いきどまり、 ゆうくん→そふとくりーむ

で、クリスマスの対になるのが行き止まりってなんか面白いなと(笑)

ゆうくんのクリームシリーズも効率がよいというかなんというか(?)

まだまだ鏡文字はありますが、文字の読み書きはだいぶスムーズになってきたように感じます。

6歳双子と赤ペン先生のお話でした~。

来年はタブレットコースですが、やっぱり赤ペン先生とのやりとりは継続するのかな?

ではでは。

双子6歳 の記事でした。(⇒全記事一覧