続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

7歳双子、卵アレルギーからの卒業

: 双子6歳半 2

こんばんはpikaです。

卵ボーロをきっかけに発覚したゆうくんの卵アレルギー。ブログでもときどき経過を追っていましたが、いよいよ卒業のときがきました。

きっかけは、就学時のアレルギー面談。

学校給食で除去食をお願いするにあたり「もういちどアレルギーの検査(採血)をしてきてください」と言われ、ひさびさに検査することになりました。

ここしばらくは、以前の除去食を続けるだけで、しばらく採血もサボっていたのですが^^;(家では加熱したものを食べさせていました)

はかってみた結果、卵白も卵黄も、陰性。

それじゃあ卒業試験に生卵いってみようか、ということで、食べさせてみたところ、赤みも痒みもでず。

晴れて卒業となりました!

ちなみに、エビ・カニは、ふたりともあいかわらず陽性。

「甲殻類は卵とちがって、消えることはないからね~」と、はじめの主治医に言われているので、これはまあ仕方がない。

ただ、ふたりともなんですが、エビフライを食べても発疹がでなかったりするので、体調をみながら、すこしずつ食べさせてみようかと。

食物アレルギー、「ゼッタイ、除去!」しなきゃダメな場合と、「様子をみながら、ほどほどにOK」な場合とがある(と思う)

アレルギー専門の先生に相談したとき、「考え方次第だけど、痒みもなく口のまわりにポツポツでる程度だったら、どんどん食べさせていい」と言われたので、家では観察しながら試験していこうと思ってます。

わが家の卵アレルギー、過去のまとめはこの記事に↓

わたしが卵かけごはん大好きなので、意気揚々とふるまってみたのですが、見事おくちにあわず激沈しました…^^;

そういえば混ざってるものとか、くちょっとしてるものが苦手な子だった…(汗)

とりあえず、生卵たべられるようになってヨカッタね…!

7歳、卵アレルギーを卒業したお話でした。

ではでは。

双子6歳半 の記事でした。(⇒全記事一覧