続々ピカ待ち☆ふたご絵日記

一卵性で双子座の双子育児絵日記ブログ

双子7歳。ぬいぐるみ関係と見まもる母の気もち

: 小2双子

こんばんはpikaです。

ぬいぐるみ大好きなわが家の小2双子男児。

日々、大量のぬいぐるみと民族大移動しており、持ちはこびのための巨大トートを用意したりして、部屋の片づけとの両立をはかっています(笑)

この「ゆりかご」(と呼んでます笑)のおかげで、散らばらずにすんでいる…( ˘ω˘ )アリガタヤ

今日はそのお人形とのつき合いかたについて思うこと、見まもる側の母の気持ちなど書いてみます。

お人形は生きてる?生きてない?

名前をつけて、それぞれに大切に日々あそんでいるお人形さんたち。

そのときのブームに応じて、さまざまな設定でごっこ遊びを楽しんでいます。(ポケモンバトルだったり、戦いごっこだったり etc..)

そんな大切なお友達である、ぬいぐるみ。

生命はある?ない? ひとりで動く?動かない?

ということを考えたときに、物理的な正しさは何かに気づきつつも、どこかでまだ信じたい気持ちの残っている、7歳児。

リアルとファンタジーの境目にいる年齢

学校から帰るとまずはじめに、

きょうは、カエルちゃんたち、なにしてた??

と聞く、わが家のあっくん。

「今日は、なにかお話していたみたいだよ~」とか、「今日は大人しかったね~」など、報告すると、満足げにうなずきます。

見守る側の母として、信じたい気持ちがあるうちは、それに応えていきたいと思っていて。

いつかは距離をおく日がくるとしても、こちらから否定することは決してないようにしたい。

わたし自身にものこっている「たいせつなもの」の記憶。

大きくなってからもそれらを大切に思える人であってほしい。

たいせつな時間をすごしている

生きたファンタジーの世界で過ごす、もしかしたら最後の時間。

朝のうちに習いごとの練習をおわらせたい、とか、月末までおわるよう計画的にちゃれんじをすすめたい、とか、そういう大人の都合で取りあげていい時間じゃないな、と思って、さいきんはじゃませず見まもっている次第。

時間に追われるとついつい口出ししたくなってしまいますが(- -;;

遊ぶこと、信じること、感じること。いまたぶん一番たいせつなのは、そういうことかなと思う。

朝のぬいぐるみタイムめっちゃ長いけど…(白目)

まとめ

いつかは卒業してしまうんだろうな、と思いつつ。さいきんの様子や見守る母の気持ちなどについてでした。

わたしの元・相棒は、お手製のドラえもん人形で、中華製に負けず劣らず、ニセモノ感あふれるお人形でした…^^(今思えば)

たいせつなものとの思い出を、たいせつにできる大人になれますように。

ではでは~。

小2双子 の記事でした。(⇒全記事一覧